« オリンパスのおみくじポイント | トップページ | Google ストリートビュー機能 »

キーボード

去年、私の自宅にあるデスクトップ PC のハードディスクがクラッシュしてから、現在、妻のノート PC を借りています。

私はノート PC を借りて使い始めてから、キーボードが入力しにくいという事に気がつきました。その理由はキーボード自体にありました。私は過去に東プレのリアルフォース106を購入していました。

私は現在、キーボード入力の不満を解消する為にノート PC にリアルフォース106を接続して利用しています。

通常のデスクトップ PC に付属するキーボードはメンブレン方式が多く、ノート PC ではパンタグラフ方式が採用されています。

東プレのリアルフォース106はこのどちらの方式でもありません。静電容量型無接点方式を採用しており、打鍵感はとても軽いです。ストロークが深く軽い為、キーボードを長時間打っていても指が痛くなったという記憶はありません。

キーボードに関して面白いページがあります。そのページの中でこのような文章があります。

米国西部のカウ ボーイたちは、馬が死ぬと馬はそこに残していくが、どんなに砂漠を歩こうとも、鞍は自分で担いでいく。馬は消耗品であり、鞍は自分の体に馴染んだインタ フェースだからだ。今や PC は消耗品であり、キーボードは大切な、生涯使えるインタフェースであることを忘れてはいけない

これは本当にその通りだと思います。

私達は普段、PC に対して CPU やハードディスク、メモリー容量、モニターのサイズ等ばかりに注目してしまいますが、実際に接するのはキーボードやマウスです。

デスクトップ PC の場合は、店頭で購入または BTO するにしてもキーボードは標準で付属されてくる事がほとんどです。その為、特に疑問を抱かずに使い始めてしまいます。

ノート PC の場合は最初からキーが固定されている為、他の選択肢がありません。

自分にとってのお気に入りの服や靴があるように、キーボードにも自分のお気に入りのデザインや打鍵感がある事と思います。

普段から接する機会が多いキーボードにこだわってみるのも良い事なのではないでしょうか。

まつもとゆきひろのハッカーズライフ:第2回 キーボードへのこだわり

|

« オリンパスのおみくじポイント | トップページ | Google ストリートビュー機能 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キーボード:

« オリンパスのおみくじポイント | トップページ | Google ストリートビュー機能 »