« マッチングシミュレーションで ZUIKO DIGITAL 9-18/4.0-5.6 を試す | トップページ | UMIN のホームページサービスを利用する »

E-SAS(イーサス)を利用する

E-SAS(イーサス)は日本理学療法士協会が介護予防に関わる高齢者のイキイキとした地域生活づくりを支援するアセスメントセットです。

E-SAS(イーサス)は6つの評価項目から構成されています。その中で私が注目したのは、「6.人とのつながり」という項目があるのですが、この中で、親戚、友人、兄弟というような社会的ネットワーク、つまりは社会とのつながり、社会参加について評価している点です。地域で生活する高齢者の方をとても意識している事が分かります。これは BarthelIndex や機能的自立度評価表(FIM)等では評価しきれない点です。

その他として、E-SAS(イーサス)個別アドバイスシートは高齢者の方にも分かりやすい内容になっています。

理学療法士、作業療法士だけでなく、介護予防に関わるスタッフにも便利なツールだと思います。今後、使う機会があれば利用したいと考えています。

E-SAS(イーサス)個別アドバイスシートは Microsoft Office Excel ワークシートにて提供されています。日本理学療法士協会ホームページより無料でダウンロードする事が出来ますので、興味のある方はご利用になってみて下さい。

日本理学療法士協会:E-SAS

|

« マッチングシミュレーションで ZUIKO DIGITAL 9-18/4.0-5.6 を試す | トップページ | UMIN のホームページサービスを利用する »

おすすめサイト」カテゴリの記事

理学療法士・作業療法士」カテゴリの記事

介護支援専門員(ケアマネジャー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: E-SAS(イーサス)を利用する:

« マッチングシミュレーションで ZUIKO DIGITAL 9-18/4.0-5.6 を試す | トップページ | UMIN のホームページサービスを利用する »