« ソーシャル IME | トップページ | PMA におけるオリンパス版のマイクロフォーサーズに関するエキサイティングなニュース »

E-620

昨日、デジカメ Watch で OLYMPUS E-620 がアナウンスされました。

E-620 は E-420の小型軽量、E-520のボディ内手ブレ補正、そして E-30のアートフィルター、バリアングルモニタ等、これらを全部まとめたボディとなっています。

E-620の詳細については他サイトで書かれていると思いますのでパスさせて頂きます。E-620で個人的に気になった事について書いていきたいと思います。

今回、E-620のアクセサリーとしてパワーバッテリーホルダー HLD-5、ボディージャケット CS-9Bが用意されています。これらは E-520のアクセサリーにはなかったものです。オリンパスはE-420と同様に女性ユーザ向けに小型でお散歩カメラを強調する為に CS-9B を、男性ユーザ向けに HLD-5 を用意したのでしょうか。

私は出来れば、E-520でもボディージャケットを出して欲しいと思っていたので、今回、CS-9B が販売されるのは羨ましく感じました。

私が E-620で唯一、残念だったのは対応メディアが CF と xD ピクチャーカードのダブルスロットである事です。出来れば、CF ダブルスロットもしくは CF カードと SD カードのダブルスロットの方が良かったです。これについては E-3後継機に期待したいと思います。

そしてデジカメ Watch のページでは E-620のターゲットについては、

ラインナップ上、2008年12月発売の中級機「E-30」と、同年5月発売のエントリー機「E-520」の中間に位置する新機種。エントリーからのステップアップユーザーをターゲットとしている。

と書かれています。E-620はエントリーからのステップアップユーザがターゲットとの事ですが、これからフォーサーズのデジタル一眼レフカメラを購入検討されている方にもおすすめする事が出来る、とても良いカメラだと思います。

私はエントリー機である E-520を持っておりますが、将来的には E-520からステップアップするのであれば、E-620ではなく E-30も飛び越えて、今後出るであろう E-3後継機の方に行くでしょう。

今回、E-620が出る事によって、E-30のポジションが曖昧な感じになったと感じるのは私だけでしょうか。

デジカメ Watch:オリンパス、1,230万画素でフリーアングル液晶搭載の「E-620」

|

« ソーシャル IME | トップページ | PMA におけるオリンパス版のマイクロフォーサーズに関するエキサイティングなニュース »

趣味」カテゴリの記事

フォーサーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: E-620:

« ソーシャル IME | トップページ | PMA におけるオリンパス版のマイクロフォーサーズに関するエキサイティングなニュース »