« 秋月パルスは呼吸リハの簡易的なデータ測定に使えるかもしれない | トップページ | 3週間チャレンジ Part3 リハ文献を読む(前編) »

30代の水筒男子ですが、何か?

ミツカンがオフィスで飲み物を飲む時によく使用している容器は何かという調査を行っているページがあります。

オフィスで飲み物を飲むとき、よく使用している容器を聞いたところ「マグカップ」を使用している人が最も多く40.6パーセント、次いで「ペットボトル」(25.7パーセント)、「水筒・ステンレスボトル」(10.6パーセント)ということが、ミツカンの調査で分かった。

ペットボトルや紙コップ、缶といった使い捨て容器より、マグカップや水筒などの“マイボトル”を使う人が多いようだ。

私は勤務先にマイボトル・マイドリンクを持参しています。

最も多かったのは「飲料代を節約するため」で75.5パーセント、「好みの飲み物を飲みたいから」(33.7パーセント)、「ごみを出さないようにするため」(28.3パーセント)、「いつでも適温で飲みたいから」(20.1パーセント)という結果に。

私がマイボトル・マイドリンクを持参しているのは、このアンケート結果と同様に、飲料代の節約、自分の好みの飲み物を飲みたいからです。

私はマイボトル・マイドリンクにするまでは、1日の勤務時間中にペットボトル2本を飲んでいました。ペットボトル1本150円として、1日2本で300円、1ヶ月で約7,000円の計算となります。

私以上にペットボトルを多く飲む方であれば、飲料代を節約する事で大分、違ってくるかと思います。

この話を聞いてから、私の勤務先でも最近、マイボトル・マイドリンクの方が1人増えました。

彼女の場合は飲料代の節約とダイエットが目的との事でした。彼女曰く、マイボトルを購入したとしても1~2ヶ月で元が取れるとの事でした。

自分の好きな飲み物を選べるという事は結構、楽しいものです。お茶の種類も色々とありますし、それ以外の飲み物を入れるのも自由です。

私は麦茶を飲む事が多いのですが、今の時期はアイスコーヒーも美味しいですね。

マイボトル・マイドリンクであれば、これらを自分の好みの濃さ、味にカスタマイズする事が出来るので良いです。

まだまだ暑い日が続きますので、今からマイボトルを購入しても充分に元が取れるでしょう。

興味のある方はご覧下さい。

Business Media 誠:「水筒 = ケチくさい」は時代遅れ? 20代男子の2人に1人はマイドリンク持参

Sponsored Link

|

« 秋月パルスは呼吸リハの簡易的なデータ測定に使えるかもしれない | トップページ | 3週間チャレンジ Part3 リハ文献を読む(前編) »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 30代の水筒男子ですが、何か?:

« 秋月パルスは呼吸リハの簡易的なデータ測定に使えるかもしれない | トップページ | 3週間チャレンジ Part3 リハ文献を読む(前編) »