« 北時計 | トップページ | PowerShot G11でバリアングルモニターが復活 »

E-P1でのスクエアフォーマット撮影を楽しむ

P8160254
E-P1, M.ZD 17/2.8

昨日の続きです。

北時計内に飾られていた人形をスクエアフォーマットで撮影してみました。

スクエアフォーマットで撮影する事に慣れていないので、少しばかり迷ってしまいました。

P8160255
E-P1, M.ZD 17/2.8

shiology の shio さんがスクエアフォーマットについて

アスペクト比1:1の写真を撮影するコツは、被写体に寄ること。撮りたいもの(点)を明確にして、それに近寄って写す。

(省略)

なにせ、横長ワイドな絵にある広がり、奥行きといった迫力が、スクエアフォーマットだと出にくいですから、絵の内容で迫るのです。

と書かれていたので、これを参考に撮影をしてみたいと思います。

興味のある方はご覧下さい。

shiology:876-070329 スクエア・フォーマット

Sponsored Link

|

« 北時計 | トップページ | PowerShot G11でバリアングルモニターが復活 »

趣味」カテゴリの記事

マイクロフォーサーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: E-P1でのスクエアフォーマット撮影を楽しむ:

« 北時計 | トップページ | PowerShot G11でバリアングルモニターが復活 »