« マイケル・ジャクソンから学ぶ、利用者を惹きつける「間」の取り方 | トップページ | Google 日本語入力(ベータ版)で医学用語の変換テストを行う »

攻撃の標的となりやすい安易なユーザ名とパスワード

ITmedia News で攻撃の標的となりやすい安易なユーザ名とパスワードのワースト10が紹介されています。

(前略)

過去数カ月の攻撃で狙われたユーザー名は「Administrator」と「Administrateur」を筆頭に、「admin」「andrew」「dave」「steve」などの人名をそのまま使ったものが多いことが分かった。

パスワード攻撃では「password」「123456」という安易なパスワードが標的となるケースが圧倒的に多く、次いで「#!comment:」「changeme」「F**kyou(英語の悪態表現)」「abc123」などが上位を占めた

(後略)

貴方が現在、使用しているユーザ名、パスワードがこのワースト10に掲載されているのであれば、すぐに変更する事をお勧めいたします。

興味のある方はご覧下さい。

ITmedia News:安易なユーザー名とパスワードのワースト10、Microsoft が発表

ピーナッツブログ:絶対に使ってはいけないパスワード

ピーナッツブログ:危険なパスワードのリスト

ピーナッツブログ:より安全なパスワード設定を考える

ピーナッツブログ:安全で記憶しやすいパスワードを設定する

Sponsored Link

|

« マイケル・ジャクソンから学ぶ、利用者を惹きつける「間」の取り方 | トップページ | Google 日本語入力(ベータ版)で医学用語の変換テストを行う »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 攻撃の標的となりやすい安易なユーザ名とパスワード:

« マイケル・ジャクソンから学ぶ、利用者を惹きつける「間」の取り方 | トップページ | Google 日本語入力(ベータ版)で医学用語の変換テストを行う »