« 私のファンクラブが掲示板に殺到 | トップページ | 攻撃の標的となりやすい安易なユーザ名とパスワード »

マイケル・ジャクソンから学ぶ、利用者を惹きつける「間」の取り方

誠 Biz.ID で、利用者さんとのリハ、プレゼンテーションもしくはスピーチに利用する事が出来る「間」のテクニックについて書かれているページがあります。

その中でポイントとして書かれているのは以下の3つです。

  • 聞き手の「話を聞きたい」という欲求を増幅させるため
  • どこで間を取るか
  • 一番伝えたいことを言う直前

私がリハを行う際に参考にしたいと思ったのは、「一番伝えたいことを言う直前」です。

よく考えてみたら、このテクニックはテレビ番組でコマーシャル放送に入る直前等、使用されている事が多い事に気付きました。

今後の利用者さんとのリハの際に試してみたいと思います。

ちなみに、ページの中で紹介されているマイケル・ジャクソンのデンジャラス・ツアーの2分間の様子は YouTube で視聴する事が出来ますので、下記にリンク先を記しておきます。

興味のある方はご覧下さい。

人を動かす話し方講座:マイケル・ジャクソンの“究極の2分間”-「間」の取り方で惹きつける

YouTube:Michael Jackson-Jam

Sponsored Link

|

« 私のファンクラブが掲示板に殺到 | トップページ | 攻撃の標的となりやすい安易なユーザ名とパスワード »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ビジネス」カテゴリの記事

理学療法士・作業療法士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイケル・ジャクソンから学ぶ、利用者を惹きつける「間」の取り方:

« 私のファンクラブが掲示板に殺到 | トップページ | 攻撃の標的となりやすい安易なユーザ名とパスワード »