理学療法士・作業療法士

将来、電子メールの添付ミスもヒヤリハット事例に含まれるかもしれない

理学療法士、作業療法士の方はヒヤリハット事例と聞くと、転倒等を思い浮かべるかと思いますが、ヒヤリハット事例は転倒等だけではありません。

私達が日常的に利用する電子メールにも、ヒヤリハット事例が多く含まれているという事を考えさせられたページがあるので紹介したいと思います。

私が気になったのは、ページで書かれているメール取り扱い調査票の内容です。

  1. メールソフトのアドレス帳には同じ人の同一アドレスが複数登録されていますか
  2. ファイルを添付し忘れて送付したことがありますか
  3. メールを送信したにもかかわらず、送信先からメールを催促されたことはありますか

私の場合、上記1. と 3. が当てはまります。

1. についてはメーリングリスト利用の際、同一人物のメールアドレスの複数登録をしているからです。

3. については電子メールを送信した相手先の方が、メールソフトの利用に慣れていない、もしくは添付ファイル付きのメールがメッセージフィルタで削除されているという事に気づかないという事がありました。

このメール取り扱い調査票が作られた意図としては

  1. メールアドレスを整理していなければ、あて先の誤記入の可能性が高まる
  2. ファイル添付に対する意識が低下することで、今回のような添付ミスの可能性が高まる
  3. 送信が確実に行われていなければ、第三者への送信の可能性がある

との事です。

私は勤務先で事故防止委員会に所属しており、ヒヤリハットに関する集計作業を行っています。

私は現在、勤務先にてセキュリティ事故に関する事故報告を見た事はありませんが、それは私も含めた全職員がセキュリティ事故に対する認識が足りていないと考えるべきでしょうか。

これは次回の事故防止検討委員会で提案する内容として良いかも。

将来的にはこのような電子メールにおける添付ファイルのミス等も、セキュリティ事故としてヒヤリハット事例に含まれるかもしれませんね。

病院等で院内の情報セキュリティに関わる理学療法士、作業療法士の方もいるかと思いますので興味のある方はご覧下さい。

ITmedia エンタープライズ:うっかりミスが会社の信用を落とす! - メールの添付ミス

ピーナッツブログ:新人理学療法士のためのセキュリティ対策 (1)セキュリティ イコール 情報保護、ウイルス対策だけではない

ピーナッツブログ:新人理学療法士のためのセキュリティ対策 (2)勤務先の PC に勝手にソフトをインストールしてはいけない

ピーナッツブログ:新人理学療法士のためのセキュリティ対策 (3)Winny イコール 情報漏えいではない

ピーナッツブログ:新人理学療法士のためのセキュリティ対策 (4)情報漏えいは他人事ではない

Sponsored Link

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3週間チャレンジ Part5 リハ文献を読む(後編)終了

私は今回、3週間チャレンジとしてリハビリテーションに関する文献を読む事を目標としました。

今朝、Twitter にも書きましたが、当初の予定よりも早く ステップス・トゥ・フォロー(改定第2版) を読み終える事が出来ました。

今年はリハビリテーションに関する文献を読みたいと考えていたので、3週間チャレンジの中で 環境適応 第2版 - 中枢神経系障害への治療的アプローチ とステップス・トゥ・フォロー(改定第2版)を読む事が出来て本当に良かったです。

来年も3週間チャレンジにて本を読む予定なのですが、来年はリハ文献に限らず、Mac 関係、データベース関係の本も読みたいと考えています。

今回の3週間チャレンジは残り6日間を残して終了となりましたので、私は残りの日数で、昨日届いた 頭がよくなる「図解思考」の技術 を読みたいと思います。

興味のある方はご覧下さい。

ピーナッツブログ:3週間チャレンジ Part2 リハ文献を読む

ピーナッツブログ:3週間チャレンジ Part2(17日目)

ピーナッツブログ:3週間チャレンジ Part3 リハ文献を読む(前編)

ピーナッツブログ:3週間チャレンジ Part3 リハ文献を読む(前編)終了

ピーナッツブログ:3週間チャレンジ Part5 リハ文献を読む(後編)

ピーナッツブログ:私の個条書きメモは問題だらけなのかもしれない

Sponsored Link

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Google 日本語入力(ベータ版)で医学用語の変換テストを行う

Googleime

昨日、Google が日本語入力(ベータ版)をリリースしました。

私は勤務先のノート PC の IME に医学書院の医学看護用語変換辞書 Ver.1.0をインストールして使用しています。

この医学看護用語変換辞書 Ver.1.0では、変換辞書が正しくインストール出来たかを確認する為に読みを入力して正しく変換する事が出来るかを確認する変換テストを行います。

今回、Google 日本語入力(ベータ版)で同様に変換テストをしてみました。

以下が変換テストの内容です。

  • させい(嗄声)
  • とうこつ(橈骨)
  • にくげしゅ(肉芽腫)
  • がいそうはんしゃ(咳嗽反射)
  • けいりゅうりゅうざん(稽留流産)

結果として、上記用語の変換はスムーズに行えました。

これら以外に上前腸骨棘、腹横筋、多裂筋、褥瘡といった用語等も変換してみましたが、スムーズに変換する事が出来ました。

Google 日本語入力(ベータ版)は理学療法士、作業療法士の方も問題なく使用する事が出来るかと思います。リハ実習生の方がレポート作成を行う際にも便利かもしれませんね。

私は医学看護用語変換辞書 Ver.2.0を購入する予定でしたが、今回の Google 日本語入力(ベータ版)の出来が素晴らしく良かった事から、購入については再度、検討する必要があるかと考えています。

今後、正式版としてリリースされるのがとても楽しみです。

興味のある方はご覧下さい。

Google 日本語入力(ベータ版)

ピーナッツブログ:医学用語の変換をスムーズにする

Sponsored Link

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイケル・ジャクソンから学ぶ、利用者を惹きつける「間」の取り方

誠 Biz.ID で、利用者さんとのリハ、プレゼンテーションもしくはスピーチに利用する事が出来る「間」のテクニックについて書かれているページがあります。

その中でポイントとして書かれているのは以下の3つです。

  • 聞き手の「話を聞きたい」という欲求を増幅させるため
  • どこで間を取るか
  • 一番伝えたいことを言う直前

私がリハを行う際に参考にしたいと思ったのは、「一番伝えたいことを言う直前」です。

よく考えてみたら、このテクニックはテレビ番組でコマーシャル放送に入る直前等、使用されている事が多い事に気付きました。

今後の利用者さんとのリハの際に試してみたいと思います。

ちなみに、ページの中で紹介されているマイケル・ジャクソンのデンジャラス・ツアーの2分間の様子は YouTube で視聴する事が出来ますので、下記にリンク先を記しておきます。

興味のある方はご覧下さい。

人を動かす話し方講座:マイケル・ジャクソンの“究極の2分間”-「間」の取り方で惹きつける

YouTube:Michael Jackson-Jam

Sponsored Link

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3週間チャレンジ Part5 リハ文献を読む(後編)

私は以前、3週間チャレンジにて ステップス・トゥ・フォロー(改定第2版) の前半部分を読みましたが、その後、残りの後半部分を読む事が出来ませんでした。

今年、最後の3週間チャレンジとしてステップス・トゥ・フォロー(改訂第2版)の後半部分を読む事にチャレンジします。

この文献を1日9ページ読む事を目標にします。

以前と同様に今回もルールとして、この文献を読むのは1日に最大10ページまでとします。

私は明日から3週間、この習慣を試みたいと思います。

そして以前に当ブログで書きましたが、今回の3週間チャレンジにて、リハ文献の立ち読みを実施してみたいと考えています。

この3週間チャレンジの期間、Twitter に読んだページ数をつぶやいていきたいと思います。

興味のある方はご覧下さい。

ピーナッツログ:3週間チャレンジ Part3 リハ文献を読む(前編)終了

ピーナッツブログ:立ち読みで読書量を増やせるのか

Sponsored Link

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関節リウマチの方への指導時に便利な RA カレンダー

リウマチ e - ネットで、関節リウマチの方の注射の日、服用日、通院日等のスケジュールを入力して印刷する事の出来る RA カレンダーがあります。

関節リウマチの患者さん及び利用者さんへの指導時に便利かと思います。

興味のある方はご覧下さい。

リウマチ e - ネット:RA カレンダー

Sponsored Link

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立ち読みで読書量を増やせるのか

誠 Biz.ID で読書量を増やす方法として、立ち読みを紹介しているページがあります。

だからわたしは、「家でも立ち読み」しています。

(省略)

立っているだけに、つまらない個所は読み飛ばすなど、本に対して基準が厳しくなるので良いのです。わたしは電車でも、本を読むときは立っています。

(後略)

続きを読む "立ち読みで読書量を増やせるのか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

利用者の立場に立つ言葉遣いとは

誠 Biz.ID で考えさせられるページがありました。

理学療法士、作業療法士の方はこのページ内の「顧客」を「患者・利用者(以下、利用者)」と変換してから見てみると良いでしょう。

言葉というのは恐ろしいもので、何気なく使っているものでも、その使っている言葉によって、その人自身の思考に大きく影響してしまいます。

例えば、「顧客の立場に立って考える」という言葉そのものは、文字通り顧客の立場に立って考えようと言う表現となります。

しかし、「顧客の立場に立って考える」という言葉自体が、もう顧客の立場ではなく、売る側の立場に立っている言葉になっていることにお気づきでしょうか。

(省略)

続きを読む "利用者の立場に立つ言葉遣いとは"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Magic Mouse はリウマチの患者さんに良いマウスなのかも

Apple が発表した Magic Mouse が気になりました。

(前略)

ボディ表面を1本指でなぞると360度のスクロール、キーボードの Control キーを押しながら1本指でなぞるとズームの動作になる。

iPhone や iPod touch と同様のモーメンタムスクロールに対応し、指をなぞるスピードに応じてスクロールのスピードが変化する仕組みだ。

(後略)

続きを読む "Magic Mouse はリウマチの患者さんに良いマウスなのかも"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

福祉フェスティバル2009 第2日目

私は昨日から引き続き、福祉フェスティバル2009にスタッフとして参加しているかと思います。

本日の主なイベントコーナーの予定です。

  • 介護劇「認知症高齢者およびその家族への支援~もし、身の回りに認知症の方がいたら、あなたならどうしますか?」(10:30~) 帯広コア専門学校
  • プチ・セミナー「誰でもできる介護予防」(11:15~) 帯広大谷短期大学
  • セミナー「お薬手帳の役割について」(13:20~) 帯広北ロータリークラブ
  • 講演「老後を楽しく暮らせるために~特定検診・保健指導とは」(14:00~) 帯広北ロータリークラブ

続きを読む "福祉フェスティバル2009 第2日目"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧